皮膚科

ニキビや吹き出物、湿疹、虫さされ、かゆみ、かぶれ、やけどなど、皮膚に関する診察を行います。

いぼ 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)治療のため液体窒素凍結療法を始めました。

 いぼ(尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい) とは

尋常性疣贅はヒト乳頭腫ウイルスによる感染で、手のひら、手の甲、指、足の裏、足の甲、足の指によくみられます。原因はウイルス( human papilloma virus: HPV )で皮膚に感染があると表皮細胞が増殖し乳頭腫状肥厚を来たします。
肉眼的には表面はざらついて半球状あるいはドーム状に隆起しています。足の裏にできた場合は硬くなり痛みを伴う事があります。

小さなお子さんからご高齢の方まであらゆる年齢層に見られます。
治療は液体窒素を使った凍結療法です。この治療に1~2週間に1回来院し取れるまで行います。通常510回位かかります。一般に子供は治り易く大人は治り難い傾向があります。普通の皮膚に出来た場合は治り易いが、踵など皮膚が厚い(硬い)場所に出来た場合は治り難い傾向があります